テーマ:将棋

竜王戦2018 第七局

広瀬八段が勝利 新竜王誕生 ネット中継で観戦 早稲田大学卒の広瀬さんが 確実にリードを重ねて 後半は落ち着いて決めた 羽生さん27年振りの無冠 年齢からくる衰えか しかし名人戦も いい位置なので まだまだタイトルゲットの 予感はする 楽しめました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第30期竜王戦第2局

渡辺竜王VS羽生さん AbemaTVで2日目を観戦 最後は羽生さんの手が震えて 勝ちがみえてきた で羽生さんの2勝目 久しぶりに将棋を堪能しました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生の天才棋士 藤井聡太

超久しぶりに将棋に話 プロデビューで連勝中の 中学生棋士 藤井聡太4段 NHK杯を観戦 千田翔太6段との対局 中学生とな思えない 落ち着いた雰囲気 千田6段の先手攻撃を かわして勝利した 非公式戦ながら 羽生さんに勝利と 天才ぶりを発揮している これから目が離さない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生さん名人へ返り咲き

将棋をうたない将棋ファンです。 久しぶりに羽生さんが名人に。 4戦無敗。 以前衰えぬ棋力。 有望な若手棋士を練習相手にしているらしい。 感心しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋ソフトとプロ棋士対決は茶番 将棋電王戦

第二回将棋電王戦は5戦してコンピュータが勝った。将棋界に衝撃とのニュース。 再三ブログに書いたがこの企画止めてほしい。 将棋ソフトはすでにプロ並みのレベルとなったのはすでに証明済み。 これから対戦を続けても勝ったり負けたりだろう。 さらにソフトが強化されて、プロ棋士も勝てなくなるか日も 遠くないだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋電王戦 将棋ソフトとプロ棋士の対戦は止めた方がよい

第2回将棋電王戦の第2局、コンピュータソフト「ポナンザ」が佐藤慎一四段に141手で勝ったとのこと。さらにコンピュータソフトが2勝目をあげたようだ。 前にもこのブログに書いたが、これは茶番である。 将棋ソフトはすでにプロ棋士並みの強さをもっていることは 既に証明済み。 ソフト開発者と知恵に感心。 でも所詮、相手は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋NHK杯 準々決勝 羽生VS郷田

羽生二冠の勝ち。 同形角換わり腰掛け銀でスタート。 前半は郷田九段がテンポよく指していた。予定通りか。 郷田ペースかと思っていたら中盤、互角になった。 後半、攻めあいの局面は面白かった。 徐々に羽生二冠のペースに。 最後は羽生二冠の手が震えぎみになって勝ち。 羽生二冠の終始落ち着いた差し手で強さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKクローズアップ現代 人間VSコンピュータ将棋 棋士と将棋ソフトの対決に疑問

コンピューター将棋ソフト「ボンクラーズ」が、元名人・米長邦雄永世棋聖を破った話題。コンピュータ・人工知能の進化について。 興味深い内容。コンピュータの可能性を感じた。 しかし、プロ棋士とコンピュータ将棋の対決は邪道だ。 将棋に決まったルールがある以上、コンピュータの特性をうまく使えば プロ棋士といえど勝てないだろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ

ボンクラーズの勝利。 予想通りコンピュータが勝った。113手で先手のボンクラーズが勝利。 けっこうテレビのニュースで流れていたので驚いた。 コンピュータの性能アップとアルゴリズムの進歩により、 コンピュータソフト将棋は強くなるのは当たり前となった。 開発者の努力は尊敬する。 しかしプロ棋士との対戦は意味が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ棋士とコンピュータ将棋の対戦について

来年、米長さんとコンピュータ将棋の対戦が計画されている。 過去にプロ棋士とコンピュータ将棋の対戦があって興味深く観てきた。 将棋ソフトは開発者の執念ですごく強くなってきた。 指し手を探すアルゴリズムが進歩。 さらにコンピュータの処理性能が大幅に上がり、 プロ棋士並みの強さをもつようになった。 ソフトの開発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第52期王位戦 第1局 広瀬VS羽生

広瀬王位の勝ち。 広瀬王位は早稲田大学在学中にタイトルをとった若手棋士。 羽生二冠との楽しみな戦いだ。 羽生の先手。相振り飛車で始まり熱戦となった。 二日目、羽生がやや優勢に見えたが広瀬の勢いが勝った 138手目で羽生投了。 <投了図>
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋 第69期名人戦 第7局 羽生VS森内

森内、名人奪回! 森内の3連続勝利から、羽生脅威の粘りで3勝3敗。 名人戦の歴史に残る運命の最終局。 森内先手。横歩取りではじまった。 森内の桂馬が2つとも上がる展開。 2日目、封じ手は上がった桂馬が5三成となって攻撃開始。 羽生が交わして優位にいくかと思ったが森内の攻めが続いた。 森内がいいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋 第52期王位戦 挑戦者決定戦 羽生VS藤井

将棋をささない将棋ファンです。 藤井、角交換四間飛車。羽生、銀冠。 52手目、藤井が飛車を捕らえたところで羽生の銀が上がり有利に展開。 確実に寄せた。 79手で藤井投了。 前半は慎重な戦いだったがあっけなく終わった。 藤井九段読み違えたか。 第52期王位戦は広瀬王位と羽生の戦いになった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋 第69期名人戦 第6局 羽生VS森内

139手で羽生の勝ち! 65手目まで第4局とまったく同じ進行。 羽生が攻めて森内が守る展開。 攻守めまぐるしく終盤へ。 森内攻めるが羽生優位に推移。 終盤厳しく森内投了。 名人戦の歴史に残る勝負になったのでは。 これで両者3勝3敗。 名人位の行方は最終局に持ち越された。 羽生の大逆転…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

将棋 第69期名人戦 第5局 羽生VS森内

106手で羽生の勝ち。カド番からの2連勝。おもしろくなってきた。 森内の3勝1敗で迎えた第五局。 第1局と同様に森内が横歩を取る進行。 途中よくわからなかったが、やや羽生の優勢で展開。 終盤に向けて羽生の手が光った。 森内の心境はいかに。 できれば最終戦までもつれることを望む。 次局6月7日、8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋 第69期名人戦第4局 羽生VS森内

133手の戦いで羽生の勝ち。 森内3勝で迎えた第4局。いっきに名人奪回となるかと思った。 相矢倉の戦型で始まった。 12手までは第2局と同じ手。2局は羽生が居玉のまま急戦となり完敗した。 しかし今回は羽生の攻めが光った。森内も粘ったが逃げ切れず。 次局が楽しみになった。 ちなみに将棋をささない将棋ファンです。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

将棋 第69期名人戦第3局 羽生VS森内

将棋を打たない将棋ファンです。 森内2連勝で迎えた第3局。羽生の反撃なるか。 後手の羽生、ゴキゲン中飛車。へんなネーミング。 (ゴキゲン流と呼ばれるキャラクターの近藤六段の得意技からきている) 森内が右銀を繰り出す形で対抗。 2日目午後、やや森内優勢か。 羽生マジックを期待したが投了。 森内3連勝。名人奪回で王手と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋 第69期名人戦第2局 羽生VS森内

森内2連勝! 羽生、1日目から攻めの将棋。 2日目、勝ちを急いだのか、羽生らしからぬ攻めの印象。 森内、終始落ち着いた雰囲気。(みてませんが) 森内、連勝で名人奪回に向け有利な展開か。 最終局までもつれて欲しいけど。 将棋をうたない将棋ファンだ。Oさんに話したら驚かれた。 確かに将棋ファンは自ら将棋を打つイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋 第69期名人戦第1局 羽生VS森内

将棋を指さない将棋ファンです。 名人戦第1局。誰もが認めるライバル。永世名人どうしの対決。 お互いアラフォ-。サラリーマンだったら一番脂の乗った時期だ。 これから将棋が変わるのか変わらないのか。 黙とうの後、羽生先手で開始。 戦型は横歩取りの最新形。 羽生の攻め、森内の守り。 封じ手がチャリティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK杯 将棋 決勝戦 羽生VS糸谷

今日も計画停電は無く平和。しかし風が強く寒い。 NHK杯・将棋の決勝戦、 羽生VS糸谷をみた。 昨年と同じ組み合わせ。前半から羽生の優勢ですすみ、糸谷も粘ったが結局、羽生の勝ち。 狡猾かつ冷静な羽生に比べて糸谷は若さがでたか。 羽生はNHK杯3連勝となった。 将棋はまったくやらないが、プロの将棋をみたり、その世界観が好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more