ロード・トゥ・パーディション

WOWOWで鑑賞

マフィアの映画

主人公のマフィアが
トムハンクス

マフィアのボスが
ポールニューマン
とらしくない配役

でもよくできた内容で
楽しめた

1931年、雪の降るイリノイ州ロックアイランドの町。
良き夫であり2人の息子の良き父親であるマイケル・サリヴァンには、
町を牛耳るアイルランド系マフィアの幹部という裏の顔があった。
サリヴァンはボスのジョン・ルーニーから息子のように愛されていた。
サリヴァンの2人の息子にも実の孫のように接するジョン。
そんな父ジョンを実子コナーは、苦々しく思っていた。
ある日、組織の幹部会でコナーはヘマをしでかしたとジョンに責められる。
次第に追い詰められたコナーは、父への恐れとともに、
サリヴァンに対する嫉妬と憎悪を膨らませていく…。
ロードトウパーディション.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント