無限への飛翔

図書館で見つけて読んだ

勉強になりました

無限の上にさらにそれを上回る無限があるということを、
だれが何のために構想したのか。
ゲオルグ・カントルの孤独な足跡は、当初、数学者のみならず、
哲学者や宗教家からも批判と非難の眼で見られた。
無限と向き合うことは、「数学とはなんぞや」という問いとの
格闘でもあった。
20世紀に入ると、カントルが耕した数学の大地の上に、
抽象数学の花園は、一斉に開花する。数学が、抽象という道へ
進む最初の、重要な第一歩を、カントルは標す。
そのことを、カントルの人生に寄り添いながら、愛をこめて描く。
無限への飛翔.jpg

この記事へのコメント