WBC敗退は監督選びのミス 

今日はWBC決勝を楽しみにしていたが残念。

日本が3連覇を逃した最大の要因は山本監督だろう。

野球は詳しくないが、素人目に感じた。

・勝つための戦術をまったく感じなかった。
 いい選手をそろえているのに個々の使い方に不協和音を感じる。

・キャプテンで捕手で4番バッターはあまりに負荷が高いでしょう。
 しかも阿部だけは何があっても4番に固定というのは意味不明。
 素人でもわかる。

・準決勝の走塁ミスは明らかに監督の采配ミスだ。
 敵は強肩捕手。2塁の井端を変えておくべきだし、
 選手の判断に任せるような指示は、この局面ではどうかと思う。

・そもそも特段の実績を納めていない監督を選んだのは何故?
 現役時代はトップ選手でも監督として成功するかは別。
 日本の野球界の閉鎖性を感じる。

・監督のプレス向けコメントに深い考え、哲学を感じなかった。
 口下手なのか、あまり考えていないのではないか。

まあ、選手の最終選択で中日の選手を3人も落とした時点で終わっていたな。

唯一残った中日の井端が大活躍したことが良かった。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック