サラリーマンのラクダ色のコート

平成25年となった。

平成元年生まれが25歳の社会人。
平成元年入社の会社員は40台後半である。
ということは社会人として昭和時代を通過した人は
40後半以上のおじさんである。

テーマはコートの色。
毎日寒いのでサラリーマンにはコートが必須。

今のコートは黒か紺で丈が短い。

僕が入社した頃、つまり昭和時代のコートは
ラクダ色で丈が長かった。

若いころは横浜元町あたりのオシャレなお店でコートを物色して購入。
もちろんラクダ色系である。

いつの頃からラクダ色のコートはお店から消えた。

季節モノなのでコートの買換えは数えるほどしか覚えていないが、
自分のコートも、けっこう前から色が濃紺になった。
前はそれでも丈が長かったが、いつしか買い替えたときに短くなった。

で、通勤時に回りを見渡すと、まだまだラクダ色のコートを見かける。
足元まで丈が長い。
昭和の香りがする、もちろん、みなおじさんである。

絶滅危惧種をみるようで哀愁を感じる。
だが、みなさん大切に着こなしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック